賃貸物件の選びかたは

賃貸物件にも色々あって、選び放題なわけですが、マンションやアパートをメインに見ている方が多いと思います。では、そのマンションとアパートは何が違うのでしょうか。実を言うと、そこまで大した違いはないのです。簡単に言ってしまえば、建物の構造が違うだけで名称が違うのです。


アパートは「1~2階建ての木造」または「軽量鉄骨造」が中心の建物で、マンションは「3階以上で木造以外」の建物のことを言います。 家賃のイメージも、「アパートが安くてマンションは高い」というイメージがあるかと思いますが、実はマンションだから、アパートだからということはなく「築年数」によって変わってきます。ですので、構造ではなく築年数と周辺の利便性によって家賃は設定されているので、築年数が浅ければアパートの方が家賃が高かったりもするのです。


では、マンションに住むメリットは何があるのでしょうか。まず挙げられるのが、安全面と充実した設備です。鉄筋コンクリート造が多いため、建物の耐震強度もあり、地震や火災などの自然災害時にも比較的被害が少なくて済みます。


最近はセキュリティも強化されてきていて、オートロックや防犯カメラが付いているマンションが増えてきています。防音対策がされている物件も増えてきているので、隣人の生活音に悩まされることもなく、友人も気軽に呼べるという点もメリットの一つです。


ちなみに、家賃のイメージですが、「マンション」という響きがやはり「高そう」というイメージですが、「敷金礼金0円」物件も増えてきています。


反対にアパートに住むメリットは何かというと、住む環境が良い地域に、リーズナブルな家賃で住むことが出来るというのが最大のメリットになります。築年数にもよってきてしまいますが、管理費や共益費を足しても比較的手ごろな物件が多く、相場に合わせて駐車場も比較的安く借りられる場合が多いのです。築年数の経っているアパートの場合、新しく建てられた物件よりも収納スペースが広く確保されていることが多く、荷物が多い人にはおすすめです。


防音性に関しては木造物件も多くマンションよりは劣りますが、コンクリート造の物件や戸建てで区分けされている物件を探してみると良いかもしれません。 このように、建物の構造が違うだけで、マンションだから家賃が高い、アパートだから安全じゃないということはありませんので、インターネット等でも良く探し、実際に見学に行ってみることをおすすめします。

注目サイト